石見麦酒 セッションIPA151

石見麦酒は、島根県江津市にある、わずか9坪の小さなブルワリー(ビール醸造所)。江の川の恵みを受けた大麦や日本海の潮風に耐えた農産物を活かして、さまざまな種類のクラフトビールを夫婦で造っています。「セッションIPA151」は、柑橘や南国のフルーツのような香りとともに、IPA(インディアペールエール)ならではのホップの苦みがしっかりと感じられる仕上がりです。

●四村ショッパーズでは、石見麦酒のクラフトビールを各種取り扱っています。原材料や醸造法など、どの銘柄も個性にあふれています。ぜひ、お好みの味を見つけてください。

掲載商品は、入荷状況により販売期間や販売店舗を変更する場合がございます。また、人気の集中により品切れとなる場合もございます。あらかじめご了承ください。
Download PDF
この投稿に付けられたタグ: