「お酒は人が造り、人には物語がある。造り手の情熱と信念と忍耐、それを感じ、それを伝える」

これは、酒乃さわだの理念です。私は幸運なことに、22歳のときにヨーロッパの一流のぶどう畑や著名なワイナリーを訪問できました。また、地酒・千代の亀さんの伝説的名杜氏である水沼杜氏のもとで2ヵ月間、酒造りを経験する機会にも恵まれました。私はそのとき、まったくの素人ながら「本物とは何か」を実体験として心に刻みました。その後、造り手様、インポーター様、お客様との出会いが「なぜ自分が酒屋をやっているのか」という気づきとなり、冒頭の理念が自然と言葉になりました。

私は自分の人生を通じて、その気持ちを多くの方たちと共有できれば、こんな幸せな人生はないと思っています。さらに、次の世代へと繋いでいけたら――。今回の通販は、そんな私の想いをひとつの形として表現するべく、ご案内させていただきます。

清酒については、15年前の出来事ですが、西条の石鎚酒造さんとの出会いが私にとって転機となりました。それまでの8年間は、地元の酒蔵さんで修業したにもかかわらず、全国の銘酒、とくに北信越や東北地方のお酒を集めることが仕事だと思っておりました。ところが、15年前に石鎚酒造さんのお酒を飲んで衝撃を受け、あらためて愛媛の地酒の力を感じたときに、もっとそれぞれの酒蔵さんと丁寧に向き合う必要性に気づきました。そうして積み上げてきた酒蔵さんとの信頼関係を“酒蔵スタイル”と冠して、セレクトしました。

ワインについては、この23年間で出会ったさまざまの中から、ワインを通じて世界を旅する楽しさをお伝えします。ワインは、世界中で1年間に360億本ほど造られていると言われています。そのすべてを知ることは不可能ですが、私がいままで経験してきた、各国の特徴を美味しく表現しているワインをセレクトしました。

そんな思いを込めたふたつのコースを、どうぞお楽しみください。

酒乃さわだ
澤田 典康

澤田典康 プロフィール
1992年~1994年 大学在学中から横浜の酒屋にて修行。同じくして利き酒師を取得
1994年 ドイツのワイン蔵を訪問。地元の酒蔵にて修行
1995年 「酒乃さわだ」オープン
1997年 フランスのワイン蔵を訪問
2007年 「酒乃さわだ」を専門店として移転オープン